2008年06月02日

森上亜希子 テニス八百長を暴露!?

森上亜希子さんが、テニスの全仏オープンの会見で、八百長疑惑ともとれる発言をして、国際テニス連盟(ITF)が調査に乗り出す騒ぎとなっているようです。

森上亜希子さんは、30日の女子ダブルス1回戦で、1ゲームしか奪えずに完敗した後に、試合前にコーチから「あんまり勝ってほしくない」と告げられたと、会見の席で暴露しました。

この八百長疑惑ともとれる問題の背景には、この試合に森上亜希子さんと組んで出場した中村藍子さんの、北京オリンピックへの出場問題が絡んでいるようです。

現在世界71位の中村藍子さんは、60位前後がラインと言われている五輪出場権のためのポイント獲得に必死な状況です。

6月9日付のシングルスのランクで、北京オリンピックへの出場か否かが決まるために、今週開催される英国での下部大会に出場する予定でした。でも、全仏のダブルスで勝ち進んでしまうと、そのイギリスでの試合には、出場することが不可能になってしまいます。

森上亜希子さんは、その状況に理解を示しながらも「試合前の選手に言う言葉じゃない」と非難しました。

男子の世界ランク4位のダビデンコさん(ロシア)の疑惑に端を発し、テニス界では、昨年から八百長問題には、かなり神経質になっています。

今回のコーチの発言は一種の八百長ではないかと指摘されて、国際テニス連盟は31日、「われわれは勝敗を操作するあらゆる接触を許さない。今回は五輪精神に反することでなおさら残念だ」とコメントを発表しました。

徹底的な調査を行なう構えを見せました。

日本協会の右近憲三強化副本部長も、「(コーチが)言ったことはまずい。何か別の意図があったと思いたい」と複雑な気持ちを語っていたそうです。





〔PR〕きらりんレボリューション


 引用・参考
posted by 噂好き at 13:36| スポーツ | 更新情報をチェックする