2008年08月25日

マツリダ2着 札幌記念

昨年の有馬記念馬マツリダゴッホ

昨日行われた、第44回札幌記念(札幌9R、サマー2000シリーズ4戦目=全5戦GII、3歳上オープン、定量、芝2000メートル、1着本賞金7000万円=出走11頭)で、マツリダの勝利は手の平からスルリとこぼれ落ちてしまいました。

中団から早めに上昇したマリツダ・ゴッホ。

4角先頭から粘り込みの態勢に入ったものの、最後は外タスカータソルテの追撃に屈し、クビ差2着となってしまいました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

「序盤を上手に競馬できたし、3コーナーからは思い通り。不利もないし、いつものパターンだから」。淡々とレースを振り返った蛯名正義騎手は、「(体が)戻り切っていない。500キロあってもいいくらいだから」と最後の踏ん張りを欠いた要因に馬体減を挙げた。478キロは前々走の日経賞(1着)から18キロのマイナス。「カイバは食べているんだが、実になってこない」と国枝調教師。環境の変化に敏感なタイプで、この夏は放牧先から函館競馬場、そして札幌と移動が続いたことが影響したようだ。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞




〔PR〕今週のレースの勝ち馬は!?人気の競馬予想サイトをランキング



引用・参考
posted by 噂好き at 10:50| スポーツ | 更新情報をチェックする